賞状書士養成講座|賞状書士で在宅ワーク

賞状書士の養成講座から在宅ワークへ

書士の養成講座で在宅ワーク・副業|内職で高収入 賞状書士の養成講座を受けて、賞状書士の資格を取得して、在宅ワークや内職として収入を得るとうい流れがあります。

賞状書士は、賞状や感謝状の筆耕(「筆」書き)から、招待状の宛名書き、内祝いののし書き、金封の表書き、表札や胸章(リボン)の表書きと、依頼主の記念となる、または、節目となる贈答時などに活躍するお仕事です。

近年では、パソコンでも賞状や感謝状の筆耕はできますが、それはあくまで内々での簡単なイベントで簡単に済ませたいときくらいです。

賞状、感謝状、招待状、内祝い、胸章の共通するところは、依頼主が第三者に対して「感謝の気持ち」や「祝いの気持ち」を「形」にすることです。その時に、人の手で描かれた文字は花を添えてくれます。

おそらく、あなたの周りにも、筆を使って上手に文字を書ける人はいるでしょう。しかし、企業でも個人でも、正式な場に向けての「筆耕」や「宛名書き」は、身内の誰かで済ませるわけにはいきません。数をさばくこともそうですが、「筆耕」や「宛名書き」の専門の知識が必要になってきます。

書士の養成講座で在宅ワーク・副業|内職で高収入 そこで、在宅ワークや内職として、賞状や感謝状、招待状の筆耕ができる賞状書士のニーズが出てくるわけです。

依頼主となる企業や個人は、正式な場に向けての「筆耕」や「宛名書き」が必要になったときだけ、筆耕ができる専門の賞状書士に依頼ができます。一方、依頼される側のあなたは、期日までに「筆耕」や「宛名書き」をすればいいので、作業する時間は在宅ワークや副業として自分で自由に組むことが出来ます。

筆を使って文字を書くことが好きな方にとっては、楽しみながら賞状書士のお仕事ができて、さらに、在宅ワークや内職として高収入が得られます。
ちなみに、賞状書士に支払われる報酬としては、例えば、賞状1枚の筆耕で2000〜5000円が相場になっています。

そのために、賞状書士の養成講座を受けて資格を取得することが必要になってきます。

ここで紹介している賞状書士の養成講座は、(社)日本通信教育振興協会の認定する「生涯学習奨励講座」であり、(社)全国産業人能力開発団体連合会の認定する「優良講座」でもあります。
また、この講座は、厚生労働省の『教育訓練給付制度 』の指定講座にもなっています。

まずは、どんな養成講座になっているか資料を取り寄せるところから始めてみましょう。もちろん、無料で資料請求できます。

賞状書士養成講座の「無料資料請求」の詳細はコチラ>>